ベトナム事業

Vietnam Project

困窮大学生に向けての奨学金支援事業

scholarship

学業を修め、社会に向けての可能性を提供し、
未来を切り開くお手伝いをしています。

困窮大学生に対して奨学金を提供し、学業を継続してもらうように支援しております。ベトナムは経済発展に伴って都市と地方の貧富の格差が広がっており、特に貧困地域出身の大学生はせっかく大学に合格したにも関わらず、学費が払えないという理由で退学してしまうケースもあります。こういった状況を改善すべく、NVCは取り組んでいます。

また、この奨学金支援事業はベトナムの学生の支援だけではありません。ベトナムの学生と交流した新潟の学生の成長にもなっています。彼らが知り合うことによって、互いに成長し合うかんけい作りをサポートしています

活動紹介チラシは

(PDFファイル)はこちら

事業年度 受給人数 対象者
2011年度 38人 ホーチミン市の大学に通う大学生
2012年度 55人 ホーチミン市の大学に通う大学生

奨学金受給者の声

ヒンさん

奨学金があって非常に助かりました。入学時に最も心配だったのが学費のことだったので、奨学金をもらえて本当にほっとしました。3年の時、実家が経済的に行き詰まり、学費を全く出してもらえなくなりました。奨学金がなければ大学を辞めるしかない状況でした。現在は大学を卒業し、ベトナムNECソフトウェアで働いています。

ティンさん

田舎の母が借金をして私に学費を送ってくれていたのですが、奨学金をもらえたので逆に実家に送金をして、借金の返済に充てることもできました。私の家族で大学に進学できたのは私だけです。自分が大学を卒業して仕事に就けるということは、恵まれていると思います。私にとって大学進学は、今後の人生を決める大きな転機になります。


障がい児支援事業

madagui

障がいを持つこどもたちに生活支援をしています

ホーチミン市内にある仏教寺院・キークワン寺が運営する、障害児のための施設を支援しています。2012年までに3つの施設に対し、生活物資やこどもたちを送迎するための車の購入資金などを提供してきました。


ストリートチルドレンをケアするオープンハウス

img_04

ストリートチルドレンだったこども達をケアし、
育てるためのオープンハウスを利用しているこども達と交流事業を行っています。

1998年にNVCはホーチミン市内にオープンハウスを建設しました。今は、新潟大学の学生を中心としてオープンハウスを利用しているこども達と交流事業を行っております。